総説・著書・その他

Shimizu T., Kawaguchi Y., Ando H., Ishima Y., Ishida T.
Development of an Antigen Delivery System for a B Cell-Targeted Vaccine as an Alternative to Dendritic Cell-Targeted Vaccines.
Chem. Pharm. Bull. vol.70, p.341–350 (2022) https://www.jstage.jst.go.jp/article/cpb/70/5/70_c22-00047/_html/-char/ja A02

山吉麻子、吉田藍子、藤岡容一朗、天野麻穂、大場雄介、渡邊紘士、黒木喜美子、前仲勝実、白石貢一、山本剛史、劉一イ、森健、田崎朱里、荏原充宏、白鳥弘明、長谷耕二
特集「物質共生の観点からDDSを考える」山吉麻子/編
Drug Delivery System Vol.37, No.2 (通巻第192号)(2022)A01 A02 A03

藤岡容一朗、天野麻穂、大場雄介「ウイルスの細胞侵入を視る」
医学のあゆみ Vol.280, p.922-925 (2022) A01-1

Mochizuki S.*, Miyamoto N., Sakurai K.
Oligonucleotide delivery to antigen presenting cells by using schizophyllan.
Drug. Metab. Pharmacokinet., Vol.42, p.100434 (2022) (doi: 10.1016/j.dmpk.2021.100434.) A01-2

林智広「表面・界面科学の手法による生体分子・細胞と人工材料の界面の分子プロセスの解析」
バイオマテリアル-生体材料- Vol.40 No.1, p.38 (2022) A01

Palai D., 千頭俊太, 前田翔一, 田原寛之, 林智広
「機械学習を用いたバイオインターフェースの設計: 単分子膜を用いた検証から高分子膜への展開」
表面と真空 Vol.65 No.1, p.10-14 (2022) A01

Nakao J., Yamamoto T., Yamayoshi A.
Therapeutic application of sequence-specific binding molecules for novel genome editing tools,
Drug Metabolism and Pharmacokinetics, (2021) https://doi.org/10.1016/j.dmpk.2021.100427 A02-1

中尾樹希、山本剛史, 山吉麻子「ゲノム編集技術と核酸医薬」
実験医学増刊, Vol.39 No.17,「核酸医薬 本領を発揮する創薬モダリティ」横田隆徳/編(2021) A02-1

Oyama S., Yamamoto T., Yamayoshi A.
Recent Advances in the Delivery Carriers and Chemical Conjugation Strategies for Nucleic Acid Drugs. Cancers, 10.3390/cancers13153881 (2021). https://www.mdpi.com/2072-6694/13/15/3881 A02-1

白石貢一 「分子プローブ開発の視点から見出されるポリエチレングリコール(PEG)における免疫応答」
JSMI Report Vol.14 No.2, p10-16 (2021) A02-2

大山将大, 山吉麻子「エクソソーム表面抗原に着目した新たな創薬モダリティの探索」
Drug delivery system Vol.36 No.2, p108-116 (2021) A02-1

藤岡容一朗, 天野麻穂, 大場雄介 「宿主における病原体のダイナミクス」
実験医学増刊 Vol.39 No.2,「パンデミック時代の感染症研究」嘉糠洋陸/編 p.129 (2021) A01-1

山本剛史, 山吉麻子 「miRNA (microRNA)」
講談社サイエンティフィック「核酸化学ハンドブック」杉本直己/編 p.495 (2020) A02-1