領域共催で「日本薬剤学会・第3回超分子薬剤学FGシンポジウム」を開催します

「日本薬剤学会 第3回超分子薬剤学FGシンポジウム
超分子医薬創出に必要とされるDDS・物質共生:出島から世界への情報発信」

総括班評価者の佐々木茂貴教授が特別教育講演を行うほか、A02公募班・清水太郎も登壇予定です。
みなさまふるってご参加ください。

開催日: 2022年 9 月12 日(月)12:50~18:20(12:20開場)
開催地: 長崎出島メッセ(https://dejima-messe.jp/
お問い合わせ(事務局): skawakam@nagasaki-u.ac.jp (長崎大学大学院医歯薬学総合研究科・医薬品情報学分野)
主催:日本薬剤学会 超分子薬剤学フォーカスグループ(FG)
共催:令和2~6年度 文部科学省科学研究費助成事業 学術変革(A)「物質共生」マテリアル・シンバイオシスのための生命物理化学
協賛:日本核酸医薬学会デリバリーセッション

〇 特別教育講演
佐々木茂貴(日本薬学会会頭、長崎国際大学薬学部教授)
「核酸医薬を通して薬学の将来像を考える」
〇 招待講演
星野歩子(東京工業大学生命理工学院准教授)
「エクソソーム含有タンパク質:臓器特異的転移と診断バイオマーカー」*
 *オンライン講演
〇 教育講演
石原比呂之(東京薬科大学教授)
「実用化されたナノDDS製剤」
〇 依頼講演
清水太郎(徳島大学特任助教)
「核酸搭載PEG修飾脂質ナノ粒子に対する免疫応答評価とその制御」
渡邊博志(熊本大学准教授)
「腎病態を制御するアルブミン融合蛋白質の創製」
向井英史(長崎大学准教授・理研チームリーダー)
「超分子医薬のPET動態研究とDDS開発」
〇 一般講演(公募します)
〇 参加申し込み(締切:8月29日(月))
https://forms.gle/98b9PUPe1puXqCKA6
〇事前申し込み登録** (8月29日(月)まで)は以下の通りです。
一般会員 3,000円(「物質共生」領域採択者、日本核酸医薬学会会員含む)
一般非会員 5,000円
学生会員 無料
学生非会員 1,000円
**対面での開催が難しくなった場合、オンラインあるいはハイブリッド開催とします。
〇 当日申し込み***は以下の通りです。(***現地開催される場合のみ)
一般会員(5,000円)(「物質共生」領域採択者、日本核酸医薬学会会員含む)
一般非会員(7,000円)
学生会員(1,000円)
学生非会員(2,000円)